カンボジアからタイへツーリング

21/Nov/04

Day 4 Phimaiにて

朝5時に目覚ましがなったけど一回目をやりすごして2回目におきた。そしたら6時半ごろだった。
そろそろ陽も登りかけていたので寝ぼけたまま、ホテルから遺跡までの500mほどの道を歩く。
開門は7時半と書いてあるのに7時前には開いていたようだ。

客はだれもいかなったので余裕で入場。 朝の静かな遺跡。。。いいですねぇ。
写真を数枚とってたらカメラ抱えたおっさんが入ってきて話しかけられる。 「ああ、君もこっち方向から撮りたかったんだろ?おれもなんだよね 、それで昨日この町にとまったんだよ、それで・・・・」
ってどうでもいい話がなげえ。
でも遺跡好きなタイ人もいるもんなんですね。

おなかがへったのでカオマンガイを食ってまったりした。 その後ピマイ博物館に行ってみたけど客が全然いなかったんで、クシャミ写真作戦ができなさそうなので外のリンテルなどを撮る。 中にあるのもすごいけど、外のもいいのがあるのですねぇ・・・ つうか多すぎでおなかいっぱいですわ。

早朝のPhimai 静まり返った遺跡 朝食
リンテル
 
吠えるわんちゃん ねるわんちゃん  

んで近くにあるアユタヤ時代の遺跡やピーマイの外門を回って 再びピーマイ遺跡へ。出たり入ったりしているうちに門のおっさんも なにも言わなくなった。 入ってからすぐのところに背中にYoung Guideと書いてあるピンクのシャツを着た集団がいた。
いままで散々みたタイ語ガイドである。

「やあやあ君たち、サワディー ピーマイ!」と話しかけたけど、反応がイマイチだったのでぶさいくな子を避けて写真を撮った。と、すぐに客がついたみたいだったので後ろからついっていって観察してみた。
うーんほとんどタイ語わからん・・・・ なので仕事している姿を正々堂々と撮る。

仕事終わりに「とった写真はくれますか?」とかわいい子にいわれたんで 「次来たときに持ってくるよ」といったら、悲しい顔をしたので、速攻で遺跡を出てホテルの横にあるフジショップに行って10分で現像。 1枚5Bとちょっと高い。

戻って写真をあげたらめちゃめちゃ喜んでくれたので自己満足した。 けど写ってない奴らがもの欲しそうに見てたので、無視して立ち去った。

 
カメラが気になる様子 写真を渡す  

なんか早起き続いてるんで眠くなって、芝生で一時間ぐらい寝てました。
そしたら青い服のガイドのおねえさんさんがいたんで、ガイドされてるタイ人が驚くほど あつかましく、おねえさんの写真をとりますた。

そしたらピンクい服のガイドさんたちが3人私を見つけて傍にやって来て質問攻めにあいました。

とりあえずこっちの質問もあったんで言ってみようと思ったけど。 勝手に説明してくれた。
んで青い制服は高校生でピンクのは中学生だそうです。
3人は12歳らしいです。彼氏は一人だけがいるそうです。(しるか!)
ガイドは無料で、学校が終わったときや休みのときにやってるそうです。
チップは最高300Bもらったことがあるそうです。ああ、俺だったら2000Rぐらいしかやらね。

そのうちに青い服を着たさっき撮ってた子がやってきて話かけてきた。 よく見たら典型的な田舎の子みたい。

 
発音が悪いと矯正されるうち 中学生のボランティアさん

 

こっちのほうが楽しそうだったんで、ピンクのガキどもは追い払ってというより空気を読んだみたいで、去っていった。 えらいぞおまえら。
んでおねえさんと話すことにした。 おねえさんの名前はベンちゃんで、歳は16歳。ピーマイ高校の10年生だったとおもう。
性格がよくて、かなり萌える要素を持った子だった。
なんでも日本の高校生がピマイに来たときには、案内しているらしい。修学旅行でピマイまでくるのだろうか?

26日はローイガトゥンという灯篭流しが遺跡内であると聞いたので、 「ここのは規模がでかいの?」と聞いたら「ぜんぜんです。スコータイがいいですよ」
というので「じゃあスコータイに行こうかな」と言ったら悲しい顔をして 「残念です・・・」というのには萌えた。
「ベンちゃんが案内してくれるんだったら来るよ」と、いやらしいおっさんみたいにかましてみたけどなんか家で係りが決まってて、自由行動できないらしいです。

約束してしまうと自由度がなくなっちゃうからなぁ・・・・と考えてたけど、もう変わってる気もする・・・
一応名前をノートに書いてもらったら、横に電話番号も添えられてたんでまた萌えた。
カンボジア謹製の学生ノートをじろじろ見て「なにこれw」って笑うのにも萌えた。

帰り際に「待ってますね」と言われたんで、「じゃあこの木の下で待ってて」って言おうとしたけど、そんなこと言ってもトキメモオタにしか分からんので、またねと言って笑顔で立ち去った。

ピマイ遺跡を説明してくれる学生 ベンちゃん

その後ホテルに帰ってシャワーを浴びて、インターネット屋行ってみたら故障で使えなかったんで夜店に行って、かなり美味しいおかゆと串焼きと焼きソバを馬鹿食いしました。

なぜか夜に広場でおばさんたちがエアロビクスをしてたんで、ニヤニヤしながら見てました。 タイ人ってエアロビ好きですねぇ・・・
帰りに灯篭らしきものが置いてあった。

ピマイホテル、このホテルは当たりだぜ 市場 灯篭でしょうかいね?