Kompong Kleang -コンポンクリアン-

2007年4月13日

クメール正月の初日にやってきました。
正月は3日続くのだが、なぜかカンボジアのお寺が盛り上がるのは正月の後。
特定のお寺(Vat Roluosなど)では正月から約一週間ずーーと境内でイベントがある。まあイベントといっても綱引きとか棒倒しとかどうでもいいようなもので、それも15km離れたシェムリからわざわざ若者が大量にやってきてパウダーを掛け合うよく分からない祭りだ。

現地到着はお昼ぐらいだったのだが、人が全然いない・・・・
と子供に聞いたらみんなDomdaekに出かけてるそうな。なにやってんだろ?正月の買出しか?

4月のこの時期は毎年一番暑い時期であり、11月ごろから続いた乾季に一旦ピリオドが打たれる。
そう雨が降るのだ。といっても今年は4月頭にはもう結構降っていたようだが。。。

風景を撮ろうとしてもこの有様
 

いつもの集落に直行。
今日は高床住居訪問という訳でカンボジアの家庭の様子をさりげなく撮ろうとしたら、、、やっぱり無理。

何故か集合写真
台所
居間
 
イケメンの外国人の訪問に涙を流す子供(嘘)
 

お寺に行くと祭りの準備をしていた。本番は明日明後日です。

   
   

 

爆竹連発に逃げ惑う子供たち
 
終わり
 

一年通い続けました。年々通行が簡単になってきていて、外国人がツアーでやってくる姿もかなり見かけるようになりました。
トンレサップ湖上の集落の規模が年々縮小しているので心配です。