Kompong Kleang -コンポンクリアン-

2006年11月11日

日本に帰ってたのでちょっと遅れ気味でクリアンへ向かう。

お昼ごろに船着場に到着。
客引きに2000Rでしょ?というと、しぶしぶそうだと言う。
でも今日は客が全然いないから一台チャーターして1万Rで行ったほうがいいよというので、ちょっとゴネたら
往復で2ドルで交渉が成立。貸切だ。

天気がよろしい!
出発
 
貸しきりです

コンポンクリアンに到着。水位がかなり高い。すでに雨季は終わりに差し掛かっているのだがトンレサップに反応するにはあともう少しかかるのだろう。
ちょうどお昼の学校の登校時間みたいで、あちこちから小船でやってくる。
その様子を撮ってたら、前にワットトマイで会った子に遭遇。
この辺に住んでるの?聞くともっと南のほうのトンレサップの方だという。

その様子をみてたらいつのまにか、いつもの子供がやってきて、さあ行こうという。小船はすでにスタンバイされているようだ。
今日は風がつよくて、さらに川の流れが速いので2人で漕いでよというと、きゃっきゃと喜ぶ。
今日は1000Rぐらいやろうっと。

みんなで漕いでやってくる
併走して写真を撮ってもらおうと必死

村を回る
洗濯中のお年頃な女性がにらむ・・・

とりあえずいつものおうちに訪問して、トンレサップ魚図鑑のうちが狙ってる魚が採れたのか聞くと、最近はでかい魚全然採れないとのこと・・・。うー、、、でも金持ちの家にはいるんだけどなぁ。

11月のおうち
5月の乾季の様子

ワットへ戻る

さいなら〜

ワットへ戻る途中に寄り道ばっかりしていろんな家の中を見てみたけど、なんか和気藹々としているようだった。
Pursat近くのkompong Luong周辺の水上家屋は夜中に盗人やらが跋扈してるらしく、みなさん昼間からもかなり目を光らせているようで、ギスギスした感じだったのでここはいい感じだ。