Angkor Explorers 【アンコール・エクスプローラーズ】 現地での乗り物
               

Traffic


遺跡観光なら移動距離が長いので,なにかしらの“あし”が必要になる。 ながしのドライバーの方が料金的には安上がりだが、目的地に行くにはある程度のクメール語会話能力が必要になる。
一方、ゲストハウスやホテル周辺にいるドライバーは、英語や日本語が話せる人が多く、観光ポイントについての知識も豊富。アンコール滞在中に気持ちよく過ごせるかどうかはドライバー次第といっても過言ではないので、ドライバー選びは慎重に。 値段交渉は必ず出発前に済ませておくのが後のトラブルを避ける秘訣。料金の先払いはトラブルの元になるので注意しましょう。

バイクタクシー

もっとも一般的に使用されている。アンコール遺跡群内なら、1日に$6-8程度。
バンテアイ・スレイやベン・メリアなど、それ以外の場所へは追加料金が必要。(要交渉)

シェムリアプの街で近場なら500R〜1000Rほど。プノンペンでは500Rでいける範囲が広い。ただし、あなたの身なりで値段決まってしまうこともあります。さらに英語で交渉するとかなり割高になることを覚悟してください。

しかし他の国のように協定価格というものが存在しないので、交渉を打ち切って歩いていると、さっきの値段でいいから乗っていけよと抜け駆けする人が続出するので、暇なら交渉してみてください。

 


ルモー

けん引くタイプのバイクタクシで屋根付き2人乗りの車をバイクが引っ張る。
移動中に直射日光と雨を避けられるのはいい。。料金はバイクタクシーの倍が相場。
2人で1日チャーター$10程度。(アンコールエリア)、これはシェムリアプでも安いほうの値段。 スピードがちょっと遅いのが難だが、移動中にガイドブックを読んだり、ゆったり景色をみることができるので結構使える。特にカップルはいちゃいちゃするのに最適。(おいおい)

高級ホテルの前にたむろっているのは吹っかけるので相手にしないほうがいいです。ちょっと歩いて流しのを捕まえたほうがいい。

 



GHやホテルのフロントや旅行代理店などで予約が可能。料金はセダン(90%カムリ)で1日チャータで$20-25。アンコール遺跡群以外の離れた場所への移動は追加料金の対象。
バンタイプもチャーター可能で料金は$30- 距離と時間で要交渉。

 


ルモー

けん引くタイプのバイクタクシで屋根付き2人乗りの車をバイクが引っ張る。
移動中に直射日光と雨を避けられるのはいい。。料金はバイクタクシーの倍が相場。
2人で1日チャーター8$程度。(アンコールエリア)、これはシェムリアプでも安いほうの値段。 スピードがちょっと遅いのが難だが、移動中にガイドブックを読んだり、ゆったり景色をみることができるので結構使える。特にカップルはいちゃいちゃするのに最適。(おいおい)

高級ホテルの前にたむろっているのは吹っかけるので相手にしないほうがいい。

 


自転車

レンタルサイクルで料金は1日$1〜2。タイプはママチャリからマウンテン・バイクまでさまざま。選ぶポイントはサドルの軟らかさとブレーキシューのあるなし。というかブレーキ利かない自転車が相当あるので注意。
地元のひとの自転車にはブレーキの機構がないものも多数あるので(直接タイヤに靴をあてて止める仕様)、飛ばしすぎには注意。
アンコールの遺跡めぐりをするには相当の体力と根性が必要。市内からアンコールワットまでなら7kmほど。朝早い時間や夕方ならいいが、日中はお勧めしない。よく欧米人が利用している。前カゴに貴重品を入れるとひったくられる確率が格段にあがるので、特に女性は注意されたし。